柿渋とは


文字サイズ 

柿渋とは

実用と粋を兼ね備えた伝統の自然塗料

柿渋イメージ柿渋イメージ柿渋イメージ

渋柿の未熟果を擦り潰して搾汁して、発酵させ濾過したものを「柿渋(かきしぶ)」と言います。柿渋液の中に含まれる「柿タンニン」には防水、防腐、防虫効果があり、塗布することで効果を発揮します。

右の画像は、柿渋を塗布した柿渋紙とラップ、ペーパータオルに包んだ餅を放置し、カビの生え方を比較したものです。柿渋の防カビ効果がひとめでお分かりいただけるでしょう。

柿渋は江戸時代以前からそのまま木に塗布したり、ベンガラ(弁柄:赤色顔料の一種)と混ぜ合わせて塗料として使われてきました。美しい色を出すためと、防虫効果を期待して家具などに塗られるのが一般的でしたが、 漆塗りの製作過程でも使用され、漆を塗る前に渋を塗り、高価な漆の吸い込みを少なくするという使い方もされてきました。

また、補強材として布や紙に塗って使われることもありました。 時代劇で浪人が和傘を作っているシーンをご覧になったことがあるでしょうか?あの傘に塗っている塗料も柿渋です。あの場合は防水塗料として用いられていました。同様に、漁村では柿渋を魚網に塗布して使用していたようです。

塗料だけではありません。柿渋は漢方薬としても用いられ、高血圧降下剤としてや、 火傷の塗り薬、二日酔いの薬などとしても活躍してきました。また、酒造家では濁り酒や醤油のオリを取り除く「オリ下げ剤」として使われるなど、柿渋はあらゆる方面でなくてはならない存在でした。

このように、柿渋は古来より人々の生活の中でさまざまな役割を担ってきましたが、近代化の波とともに需要は激減しました。しかし工業製品としての柿渋の存在意義は縮小されましたが、最近では粋で自然な色合いを醸す自然塗料として、大いに注目されるようになりました。


まるともの柿渋和紙制作工程

工程

まるともでは、柿渋の持つ防水、防虫効果、補強材としての効力、そしてその風合いの美しさに着目し「柿渋和紙」を制作しています。使用目的に応じて制作工程は多少異なりますが、全行程を手作業で行っています。

工程1:柿渋を塗る
全体に塗布する時はどぶ漬けを行い、一気に染め上げます。 部分的に染める場合は、和紙に刷毛で丁寧に塗ります。そのまま塗れば画像のような茶色に、ベンガラやウコンなどを混ぜればレンガ色や黄色など淡い色がつきます。下の画像は、柿渋と紙のタイプ別の染まり方を表しています。
柿渋の染まり具合/薄い紙使用 柿渋の染まり具合/厚い紙使用
工程2:乾燥させる
柿渋を塗布した後は、自然乾燥でよく乾かします。
工程3:手揉み
手で荒揉みします。固い和紙がほぐれ、しなやかになります。
工程4:本揉み
手もみの後は棒を使った棒もみを行います。体重をかけて棒もみを行うことで、味わいのある風合いが醸しだされます。

手間ひまかけて作った柿渋和紙は、工業製品にはない独特の存在感があります。それを使い、柿渋座布団やブックカバー、ランプシェードなど、さまざまなオリジナル商品を開発しています。

現代の柿渋

科学的に証明された薬効 新たなる商品の開発

柿渋イメージ

自然塗料として以外にも最近では柿渋の薬効作用が、がぜん注目を浴びるようになりました。 もともと昔から、漢方薬として用いられていたほどです。「柿が赤くなると、医者が青くなる」という喩えは、皆さんもご存知でしょう。それに加え、最近では柿渋の薬効について、科学的な研究が進んできました。

タンニン、カテキン、ポリフェノール、フラボノイド、これらは老化の原因となる活性酸素と戦う抗酸化物質で、発酵茶や赤ワイン、緑茶などに含まれるフェノール類の高分子結合体ですが、柿渋に含まれる柿タンニンは、なんと赤ワインやお茶の約100倍のフェノール類を含んでいることが解明されています。最近はこの成分に着目して消臭石鹸やボディソープなどが作られ、人気を博しています。

また、柿タンニンには、蛋白質を凝縮させる効果もあり、古来から火傷の治療薬や、マムシの蛋白毒の解毒剤としても使われていました。最近では、この収斂作用を応用して、肌のたるみを引き締める化粧品が作られたり、細菌の増殖を押さえる効果を利用して、口臭除去剤などの商品が開発されています。

まるともの挑戦

さまざまな柿渋の利点を活かす 共同開発者の募集

柿渋イメージ

科学に裏付けされた現代的な利用法が模索される一方、好事家の間では、従来の手工芸の染色剤として、柿渋は今も高い人気を誇っています。柿渋染の布や和紙は、製造過程で化学薬品を使わないことから肌にやさしく、有害な紫外線をブロックする効果もあります。

「まるとも」ではその利点を活かし、様々な作品づくりに取り組んできましたが、さらなる柿渋の利用法を模索するべく、共同開発者を募集しています。 例えば、建材に柿渋を塗布することにより強度が増し、化学薬品に過敏な方でも安心なエコロジーハウスを作ることができるでしょう。

あなたの得意分野と柿渋を上手くかけ合わせ、新しいニーズに応える商品を開発しませんか?

ご相談は下記へどうぞ

TEL:076-267-3100 
 (土日・祝日を除く平日9:00~17:00 担当:中山道男)